死亡保険に入るなら種類とその特徴を考慮してから加入しよう

死亡保険は、加入している人が死亡した時や高度な障害を抱えてしまった場合に支払われる保険のことで、大きく3つに分けられます。
まず、定期保険はある一定の期間を保障してくれるもので、保険金を受け取らない限り掛け金が戻らない掛け捨ての保険とも言われています。
限られた期間の中で保障されますから、死亡率が低い若い年代の人は安く、反対に年齢が高くなるほど保険料は上がります。

生涯を通しての加入ですと少々料金が割高になりますが、決まった期間のみでしたらこの定期保険が安くて便利です。
終身保険は、一生涯と長い期間保障がされるため、保険金も100%支払われることになります。

貯蓄性があり、保険を解約した際に受け取れる解約返戻金も設けられてはいますが、老後資金にも活用出来るため、その分掛かる保険料は高めです。

3つ目は養老保険と言い、一定期間で保険期間が終了するものの、満期になった際に保険金が受け取れます。
同じ保障の定期保険と比べますとこちらの方が保険料は少し高くなりますが、貯蓄と保障の両方の準備が出来る点が魅力です。

このように、3つの種類がある死亡保険は、上手に使い分ければ無駄が少なく保障をしっかりと得られます。
例えば、万が一収入が無くなった時を考えてそれを補うとしたら、一定期間の保障があれば良いので、定期・養老保険が便利です。

契約者が亡くなった後の整理や生活資金のためなら、期間が決まっていない終身保険が良いでしょう。

死亡保険は今ある状況、そして将来を見据えた上で、自分自身に合いそうなものを選んで下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ