地震保険とその評判が良い保険会社について

転ばぬ先の杖とよく称される保険ですが、地震保険もその中の一つで、これは地震や噴火、或はそれらによって起こった津波が要因となった火災や損壊、埋没、流失への損害を補償するものです。
対象は居住用の建物と家財となり、地震による火災は火災保険では適用されないため、火災保険に付帯するシステムになっており、加入するには火災保険へ加入しておくことが前提となります。

そして、既に火災保険に加入していれば、その契約期間の途中でも追加して加入できるようになっています。

また、地震保険は1年ごとに自動的に継続する方式のほか、最長では5年間の長期契約することも可能で、保険金額としては火災保険の保険金額の30~50%の範囲で設定するという取り決めがあります。

このような地震保険ですが、地震国とも言える日本に住んでいるなら加入しておくほうが安心と思う人も少なくないでしょう。
では、どのような保険会社を選べばよいでしょうか。

口コミ調査などから見ると、評判が良いところにはまず東京海上日動があり、その理由としては、取り扱う代理店が多数ありサービスが充実していること、自分で免責金額が選べることが挙げられます。

続いて、三井住友海上は契約者限定で無料サービスがあるのが特徴で、オプション特約の充実度が高く、賠償事故の示談交渉が任せられるという点も魅力です。

損保ジャパン日本興亜は補償内容が充実している上に、保険料を抑えられたり、生活トラブルのサポートが受けられるという利点があります。
このように、契約する会社によってメリットは様々ですので、加入の際には自分のニーズを考えて選ぶとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ