花粉対策用のメガネは、ゴーグルタイプのほうが花粉をしっかりとガードしてくれる

花粉症の症状の中でも目のかゆみは本当に辛いものです。
あまりの痒さに掻きすぎて、まぶたが傷つき腫れあがってしまう人もいるほどです。
かゆみを抑える点眼薬を使ったり、外出から帰ったら洗眼薬で丁寧に目を洗うなども効果的です。

そしてかゆみを鎮めるためにまぶたを冷やすことも、一時的に症状を緩和するある程度の効果はあり、局所に冷たい刺激を与えることで知覚神経の働きを一時的に鈍らせ、かゆみの症状を抑えることができます。

しかし、これはあくまでも緩和的な措置で、けして根本的な解決方法ではありません。
それでも外出の際に目の周辺に花粉が付かないようにするために、専用のメガネをかけて外出するのも予防のためには効果があります。

普通のめがねでは顔の周辺からどうしても花粉が入ってきてしまうため、症状がひどくなったからといって花粉対策用のメガネをしても、症状が緩和したことをすぐに自覚することはできないかもしれません。

それでも専用のメガネをつけることで目に花粉が入る量は確実に少なくなるのですから、長い目で見ればこれもお勧めの花粉症対策です。
できればゴーグルタイプで顔に密着するような形のもののほうが花粉をしっかりとガードしてくれるので安心です。

重症の花粉症に苦しむ人々は、花粉の飛散がひどくなるころには、専用のめがねやマスクをつけて外出する人の姿を多く見かけます。
やや大げさな感じのするゴーグルタイプも、だんだん抵抗なくできるようになってきているようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ