スギによる花粉症対策には、外出時にマスクを装着する事や服などに付着したものを払い除去する事が大切です

皆さんの中には春の季節になりますと憂鬱になる方が一部見えると思います。
それは春になりますと季節性のアレルギーが発症する方が多いからです。

この病気は現代病とも言われていて、昔はスギの木が多く植林される事はなかったようで、一時期から木材用に植林され始めてどんどんと本数が増加してゆき、また外国からの安い木材などに押されて国内産の木材の売行き低迷でこれらが手入れされずに放置されてきた結果、多くの花粉が飛散するようになったと言われています。

また人によってこれらへの耐性を有する量が限られていて、これを超えると発症するものらしいので、歳をとってから発症するケースも珍しくないようです。

そしてスギ花粉症対策については様々なグッズが販売されているのですが、まず外出した際に鼻から吸い込まないようにマスクを装着する事や、服などに付着したものをきちんと払い除去する事が大切です。

また洗濯物などはどうしても外に干さなければなりませんが取り入れる際には手ではたくなどして取除くことも大切です。
そして発症してしまった際には、スプレーなどを利用して鼻の粘膜にアレルギー反応を起こさせないように対処します。

目のかゆみを訴える方もみえますので、その場合には抗アレルギー成分の含有した目薬を使用しますとかゆみなどが抑えられます。
出来れば薬は利用せずに済ませたいのですが、季節的なものですので悪化させないように早めに病院で診てもらいましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ