花粉症の時期と発症の原因を知る必要性とその対策

花粉症の時期は、2月末から5月初旬までに飛散するスギやヒノキの花粉が注目されています。
特に冬から春に変わる時期になると、各テレビ局では花粉の飛散状況を毎日放送しており、しかし花粉症は、この時期だけに発症する病気では無く、人によっては、一年中発症している方も多く、例えば、イネやその他の植物の花粉でも発症します。

そして発症の原因は植物だけではありません。
猫や犬といった動物に始まり、ハウスダストにも反応をする方がいますが、このような方は、一年中発症をすることになります。
どのようなものに反応して発症するかは、病院で血液検査をすると分かります。

検査の結果が分かると、反応がひどい物質に対しては、その物質に対しての対策が取られることになりますが、現在では、その対策としては、薬を服用するだけではありません。

マスクや眼鏡のようなグッズが販売されており、マスク一つをとっても、花粉に重点をおいた物も売られています。
このようなグッズは、簡単に手に入れることができて、医師の許可を得ることも無く、使用することもできるので便利で、また花粉を吸収してくれる空気清浄機もあり、このような物を併用して対策をすることができます。

しかしどうしても症状がひどく、生活に支障をきたすような場合は、病院で薬の処方を受ける方が症状が和らぎ、生活がしやすくなり、さらに現在では、レーザー治療で完治ができるようになっている病院もあります。

花粉症だと思われた場合は、まず病院で検査をしてもらい、どの花粉に反応しているかを知ることが必要です。
その上で、適切な対策をとることができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ