花粉症を完全に治療する為には、自分の食生活や生活習慣を根本的に見直し、抵抗力を高めることが大切です

花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが主な症状で、子どもから大人まで誰しもがかかる可能性があります。
日本国内ではスギ花粉が原因で発症することが多く、他にもブタクサやヨモギも原因の一つとされています。
我々を悩ますこの病気を、いかにして治療していけばよいのでしょうか。

一般的に病院で処方される薬は、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド剤などがありますが、効果が発揮されない場合や、副作用の心配があるなど、完璧な治療法とは言えず、また、これらの薬で症状が軽くなったとしても、それは完治とは言えないのです。

完治を目指す上で最も大切なことは、自分の食生活や生活習慣を根本的に見直すことで、花粉症のようなアレルギー症状を引き起こす病気は、体の調子が悪く、抵抗力が弱まっているときに発症しやすい病気です。

まずは、自分の体調を整えることから始めましょう。
一日三食を欠かさず、睡眠時間を多くとるといった基本的なことから、しそや青魚など、アレルギーに効く食物をとるように心がけるのも大事で、また、花粉を体に入れないようにすることも大切です。

テレビやインターネットでその日の花粉情報を入手し、飛散が多い日はなるべく外出を控える、外に出るときはマスクや帽子を着用するなどの対策が必要です。

花粉症治療はただ薬に頼るのではなく、セルフケアをちゃんと行うことが大事なのです。一度立ち止まり、自分の生活習慣を見直してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ