花粉症の予防対策として、漢方が効果的となっています

花粉症に悩まされる人は大変多いです。
春もしくは秋、アレルギー源となる花粉が飛散する時期になると、目や鼻のかゆみ、鼻水、鼻づまり、目の充血などの症状があらわれます。
また鼻づまりから頭がぼ~っとするなどの症状もあらわれることがあり、日常生活を送る妨げとなる場合があります。

これらの対処方法として、抗アレルギー薬の服用や、目薬などを使用することが多いのですが、アレルギー症状のある期間中は服用しつづける必要があり、このため春、秋の両方の時期にアレルギーが発症する場合、年間を通してかなりの長期間抗アレルギー薬を服用する結果となります。

またこれらの抗アレルギー薬にはいくらかの副作用も認められ、代表的な副作用として、眠気、口やのどの乾燥感、全身の倦怠感などがそうです。
長期の化学薬品の使用に抵抗のある人、また副作用をなるべく抑えたい人の中には花粉症の対策として漢方を利用する人も多いです。

漢方の特徴としては、アレルギー症状が出始める時期の少し前から服用を開始しないと効き目が弱くなることなどがありますが、幼児でも服用できるといった利点があります。

取り扱いのある病院での処方や、専門の薬局などで購入することもできますが、一般のドラッグストアなどでも取り扱われています。
近年では2、3歳の幼児にも花粉症の発症が認められますので、比較的子どもにも服用させやすい対処薬の一つです。

ただ、漢方はアレルギー症状がかなり深刻な場合は、あまり効果が認められないことが多いので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ