花粉症のアレルギーの原因は杉やヒノキなどの花粉があります

花粉症というと、世間一般に知られているアレルギーの症状の中で最も知名度が高いアレルギー反応の一つと考えていいでしょう。
患者の数は、日本人全体の25パーセントであるといわれています。

症状を引き起こす植物の数は50種類以上あるといわれており、冬の間以外は症状を引き起こす原因となる花粉が飛んでいます。
そのため、冬の間しか症状が改善しないという人もいます。

花粉症の原因となる植物の中で特に有名なものは、杉やヒノキなどといったものだと思いますが、杉花粉の飛散量が多い原因は、高度経済成長期に大量の杉が植えられたことによります。

これを材木として使うつもりだったようですが、その後、外国から安くて質の良い木材が大量に輸入されるようになり、それ以降、植えられた杉は十分に手入れをされずに放置されており、それが大量の花粉をばらまいているのです。

症状の原因は、体内の免疫機関にあり、これがアレルギー反応を起こすことによって症状を発症しますが、花粉が体内に侵入すると、体がこれに反応して、花粉を体外に排出するために、くしゃみや鼻水などが大量に出るようになります。

治療法で最もよく使われているものは薬による治療法で、一口に花粉症の薬といっても様々な効果のものがあり、同じ効果のものでもさまざまな種類が存在します。
その中から自分に合った薬を見つけるには時間がかかることがあるため、なるべく早めに医者と相談をするのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ