乳酸菌による花粉症予防について

花粉症の症状を緩和する食品の一つに乳酸菌があります。
乳酸菌とは糖を分解して乳酸を作る細菌の総称です。
人間にとって有益な微生物の一つで非常に多くの種類があり、それぞれ固有の特性を持っています。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品や乳飲料、キムチや味噌などの発酵食品に多く含まれ、腸の中の細菌のバランスを改善し、体の調子を整える善玉菌として働きます。

悪玉菌が増殖し腸内環境が荒れていると、吸収すべきでない物質までも吸収してしまい、それがアレルギー反応の原因となるので、乳酸菌が善玉菌として腸内環境を整えてくれることによってアレルギーの改善に繋がります。

近年、飲料会社などの研究によって、花粉症の症状を軽減する機能が発見されています。
菌の働きは、例えば同じ菌であったとしても菌種によって働きが異なるため、どの菌をどれだけ摂取すればどの程度の効果を得られるかについて、飲料会社や研究者が研究開発を行っている状態です。

以上のことから、もしヨーグルトを食べて花粉症を予防をしたいという場合には、ヨーグルトならば何でも良いというわけではなく、ヨーグルトに含まれる菌の種類を確認する必要があります。

そして効果は即効性があるというわけではないので、花粉の飛散時期の1ヶ月くらい前から継続摂取することが必要になります。
また、ヨーグルトを食べつづけると下痢しがちな人や、乳製品アレルギーの人はサプリメントタイプのものから摂取することも出来るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ