花粉症の辛い症状を和らげるお茶

花粉の飛び散る季節は、目のかゆみや、くしゃみ鼻づまりなどの不快な症状を伴う花粉症の人にとっては、憂鬱な季節です。
年度末の時期とも重なり、仕事も忙しく、すっきりとしない様々な症状を抱えつつ過ごす日々を毎年我慢しながら過ごしている人も多いことでしょう。

最近、こうした不快な症状を和らげる効果のあるお茶が何かと話題に上ります。
日本人に最もなじみの深い緑茶には、抗酸化作用や抗菌作用など体調を整えるための多くの作用があるとされています。

緑茶に多く含まれるカテキンには広い意味では体調を整える効果、主にがんを予防する効果が知られていますが、花粉などに対する抗アレルギー効果もあることがわかってきました。

けれどそうした効果を得るためには大量に飲む必要があるので、カテキン成分を抽出したサプリメントなどで摂取する方法が向いています。
そして花粉症対策として最もポピュラーなお茶としては、やはり甜茶があげられます。

甜茶には各種のアミノ酸やミネラルなど数多くの成分が含まれていますが、中でも特に甜茶ポリフェノールがヒスタミンの分泌を抑えることで花粉やその他のアレルギー症状に効果を発揮します。

近年新たにべにふうきというお茶も花粉対策に効果が期待されています。
もともとは日本の紅誉と、中国系のダージリンを交配して作られた紅茶用の茶木です。

緑茶よりも渋みが強く、抗アレルギー成分であるストリクチニンを含んでいるため、花粉などのアレルギー症状への改善効果があると期待されているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ