花粉症の人はゴーグルやマスクなどでできる限りの対策を

花粉症の人の辛い症状の一つに激しい目の痒みがあります。
目のかゆみがひどく、中にはかきむしってまぶたが炎症を起こし、腫れあがってしまう人もいるほどです。
目のかゆみは、まつ毛に付着する花粉が最も大きな原因のひとつです。

外出すると飛び散る花粉の中で全身に花粉が付着してしまうのですが、まつ毛に花粉を付着させないようにするために、花粉防止用のサングラスを利用するのも効果があります。

サングラスと言っても、目の周りをすっぽりと覆うゴーグルのような形をしたものの方がより効果的です。
普通のメガネをかけてもレンズと顔の隙間から花粉が入り込んでしまうので、顔にピタリと密着するゴーグルタイプのものを利用するほうがより安心でまつ毛に花粉が付くのを予防することができます。

花粉の飛散する時期には外出の際の服装にも気を付けたいものです。
なるべく表面がつるりとしたナイロンのような素材のものを選び、花粉が付着しにくく、また付着した花粉ををはらい落としやすいようなものを選んで着用することをお勧めします。

いろいろなアパレルメーカーでは花粉が付きにくい加工を施したコートなどのアウターをこの時期に合わせて売り出しているので、そうした洋服を利用するのも良い方法と言えます。

花粉が最も多く飛散するのは、雨の翌日でよく晴れて空気が乾燥気味で、しかも風が強い日と言われますが、症状のひどい人は、花粉の時期にはあまり天候に左右されずにゴーグルやマスクなど、できる限りの対策をとったほうが良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ