花粉症の薬が引き起こす眠気症状

現代病として季節の変わり目などに多くの人々を悩ませているのが花粉症です。
なぜ起こるのかというと、花粉などの物質を異物として皮膚や粘膜にある感覚の受容体が過敏に反応してしまい、それを除去しようと身体が働くことで生じ、症状としては鼻水や涙、くしゃみとなって現れてきます。

時にはこれらの症状が重篤になり、仕事や日常生活にも影響してくる場合があります。
また発症するタイミングはやはりもとからアレルギー体質の人が発症しやすいようですが、全くそうでもない人も発症したり、それまでは全く症状が無かった人も急に発症したり、急に治るケースも存在します。

この治療や予防には様々な商品や薬が販売されています。
薬以外では、マスクの着用が代表例です。
薬では病院を受診しなくても薬局でも専用の薬が販売されています。
病院ではさらに効果の強いものが取り扱われているので、市販薬でも効果が見られない場合には病院を受診することが必要です。

そのため、まず症状が発症した場合市販の薬を購入するのですが、その注意事項には必ず内服後は車の運転を控えるように促す文や、内服後は眠気が生じることがあるという内容の文が載っています。

これは、薬の作用機序に原因があり、花粉症の薬はH2ブロッカーといって、感覚の受容体が物質をキャッチすることを鈍らせる作用を持ちます。

そのため、副作用として感覚を鈍らせることからくる眠気や、体液の分泌を抑制することからくる口渇などがあり、特に眠気が生じている状態での車の運転は非常に危険です。

花粉症の症状は日常生活や仕事に大きく影響してくることがあるので、これらの副作用をしっかり理解した上で薬と上手に付き合っていくことが必要となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ