病院での治療で万全の花粉症対策

花粉症にはいろいろな症状があり、重度も個人によって変わってきます。
その対応策として、病院の医師との問診で自分の症状を詳しく話したり、検査によって何のアレルギー(花粉の種類など)で症状が起きているかを特定し、治療をしてもらうことが必要になってきます。

病院での治療は、薬による薬物療法が一般的です。
薬の効果を得るためには個人差がありますが、2週間程度の時間がかかります。

また、症状が軽い内のほうが薬の効果が期待できます。
そのためにも、症状があまり重くならない内に受診することがお勧めですし、できれば花粉飛散の全盛期よりも前に受診するのが良いでしょう。

そして病院の選び方ですが、初めて花粉症になった方は、何科で治療するのが良いか考えてしまう方も少なくありません。

花粉症は主に、鼻と目に症状が表れますので、耳鼻科や眼科ということになりますが、自分で一番つらいと感じる部位の専門医にかかったほうがよいでしょう。

ただし、症状やケースによっては皮膚科や内科で治療してもらうことも考えられます。
また可能であれば、花粉症やアレルギー疾患に詳しい病院で治療してもらうことも大切です。

診察を受ける際の注意点としては、まずは自分の症状を医師にしっかりと伝えることで、一番つらい時の症状や、何に一番困っているかなどを自分で把握する必要があります。

伝えることが難しい場合には、メモなどに記録しておくと良いでしょう。
しっかりとした花粉症対策のためにも、まずは医師に相談し、自分に合った対策を取ることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ