生活習慣を見直して花粉症予防

花粉症は、主にスギやヒノキの花粉などによって起こるアレルギー性疾患のことで、今では春先になると多くの人が苦しめられている病気です。
花粉のアレルギー症状は、花粉が目や鼻の粘膜に接触するとあらわれます。
症状としては主に、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みで、この他にも、睡眠不足になったり集中力が落ちたり、イライラしたりなど、様々な症状が出ます。

花粉症はこういった辛い症状が出るので、しっかりと対策をとることが必要です。
今は特に発症していないという人でも、毎年花粉を吸い込んでいるといつ症状が出るかは分かりません。

予防方法としては、アレルゲンである花粉を吸い込まないようにすることですが、これは中々難しいものがあります。
しかし、生活習慣や食生活を見直すことでも予防することが出来ます。

また、すでに症状が出ている人も同じように生活習慣や食生活を見直すと症状が緩和されます。

花粉に対してアレルギー反応を示すようになる原因には、欧米化した食生活や不規則な生活があり、きちんとバランスのとれた食事や規則正しい生活を送ることが重要です。

食事では、肉や卵、乳製品を多くとるとアレルギー体質になりやすいと言われています。
また、インスタント食品や加工食品など、添加物の含まれるものも良くありません。

肉食中心の人は魚や野菜を中心にした食事を心がけると良いでしょう。
他には、ストレスもアレルギー体質になる原因となります。

しっかりと睡眠時間をとって、疲労を溜めないようにすることが花粉症の予防に繋がります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ