花粉症はマスクを使うことで症状を抑えることができます。

鼻水、鼻詰まり、のどの痛み、目のかゆみ、早い人では年末年始あたりからこういった症状が現れる場合、花粉症の可能性があります。
寒い時期なので風邪でも引いたかなと思われる方も多いですが、市販の風邪薬でなかなか治らない方は、一度病院で診てもらいましょう。
もしかすると花粉症になっているのかもしれません。

花粉症とは花粉に対するアレルギー症状で、鼻水、鼻詰まり、のどの痛み、目のかゆみ、ひどい人だと発熱や皮膚の炎症を起こす人もいます。
花粉が飛散する時期に花粉を体内に入れないようにすることで、アレルギー症状を穏やかにすることができます。

簡単な対処としてはマスクを使用することが挙げられます。
マスクは正しくつける必要があり、鼻と口が隠れるようにしましょう。

ひだがある場合は広げて、鼻のあたりにワイヤーがあるタイプは自分の鼻の高さに合わせて調整します。
マスクをつけることで花粉の侵入が抑えられるので、アレルギー症状を軽くすることができます。

また、外出から帰ってきたら衣類やカバンを軽くふるって、花粉を落としてから家に入るようにします。
花粉の飛散時期には洗濯ものや布団干しは室内干しがお勧めですが、専用の袋に入れて外に布団が干せるアイデアグッズが売られています。

花粉の時期にアレルギー症状が出るのはつらいものです。
また、一度花粉によるアレルギー症状が出るようになってしまうと治らないとも言われています。

花粉の侵入を防ぐものを上手に使い、時には薬も処方してもらいながら上手に付き合っていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ