カモガヤの花粉症の特徴について

花粉症のアレルゲンには、さまざまな花粉があり、スギやヒノキなどが代表的です。
カモガヤはイネ科の花粉症で、4月から7月頃にこの症状を引き起こすことになります。
大都市などでも堤防や空き地などにも見られますし、また郊外の住宅地などにも多数自生しています。
日本国内では全国的に広く自生しており、牧草としても栽培されています。

主にこの花粉での花粉症は、子供がなりやすいと言われています。
他の花粉症と同様に、くしゃみや鼻詰まり、目のかゆみや充血などの症状があります。

これは、明治の初めに牧草として日本に輸入され、北海道などにたくさん自生するようになり、その後日本全国に広がりました。
また、これは道端にたくさん生えているため、子供が学校などの帰りに手にしている場合があります。

このように子供が知らないで手にしていることがあるので、こうした雑草はむやみに触らないように指導することも必要です。
また、認知度が低いので、スギなどと同様に認知度を上げることが予防策にもなります。

通常のものよりも知名度が高くないので、風邪と考えてしまい耳鼻科医を受診することが少ないという難点がありますので、子供にはこうした雑草についてよく周知させることが必要でしょう。

こうしたイネ科の植物は生命力のある雑草であり、日本全国どこでも見かけることができるという特徴があります。
花粉症の症状はつらいものですが、こうした症状には対策がありますので、マスクや花粉症対策グッズなどで対処しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ