花粉症で目のかゆみを防止する方法。

花粉症でよく出る症状が目のかゆみです。
これを軽減するには、花粉をシャットアウトする専用の眼鏡などを使うと良いでしょう。
これは昔はデザインが少し一般には使いにくいものや、ゴーグルみたいなタイプのものでしたが、現在は使いやすいデザインのものが多くなってきました。

そして、かゆみはアレルギー症状ですから、それを抑える目薬が基本になります。
目薬を使用して、花粉の侵入を抑える眼鏡をすれば大丈夫な場合が多いです。

かゆみ以外にも涙やまぶたの腫れなども同時に起きる場合が多いので、総合的に判断してもらう為には医者の判断が大事になってきます。

目薬に防腐剤が入っていると頻繁に使用するのはあまりよくないので、短い期間だけ使用するようにしましょう。

目薬は使い方を間違えると、違う病気になってしまうので、医者や薬剤師の指示をきちんと聞いて使用することが大切です。

目薬には強さのようなものがあり、最初はあまり刺激がないタイプを処方されますが、効果がない場合や症状がひどい場合は、強いタイプの薬が処方されます。

ただし白内障や緑内障になる可能性もあるので、使用する期間や回数をきちんと厳守することが大切です。
これで改善されない場合は、外科処置が必要な場合もあります。

また、目を洗うのも効果的ですし、生活スタイルを注意することも大切です。
花粉が飛ばない時間帯に行動するとか、車での移動をするだけでも症状は楽になります。

まずは、専門の医師に正しい診断をしてもらいましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ