花粉症に効く食べ物には、共通してポリフェノールが多く含まれています

厄介な花粉症に年中なっている方や季節によって症状が出るという方はもちろん、治そうと努力されているでしょう。
しかし、今までなっていないから大丈夫だという人は気を付けて下さい。
もしかすると、明日急に症状が出るかもしれません。
花粉症の症状は主に、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみと4つです。

これらの症状が起こる原因は、花粉が体の中に侵入したとき、アレルギーを起こす物質アレルゲンを放出します。
人の体はアレルゲンに対抗するため、IgE抗体という抗体を作り、抗体は体内に侵入したアレルゲンを捕まえます。

その捕まえるときに、ヒスタミンなどの物質を放出してしまいます。
ヒスタミンなどが神経を刺激するため、花粉症の症状が出るのです。

花粉症に効く食べ物に共通して多く含まれているものがあり、それは、最近よく耳にする機会があるポリフェノールです。
これはほぼすべての植物に含まれていて、光合成によってできた色素などのことで、その種類は約5000種類を超えると言われています。

もちろん種類ごとに効果は違いますが、強い抗酸化作用があることは共通しています。
お茶でいえばカテキンなど、有名なものも多くあります。

考えてみれば、規則正しく多くの野菜を摂取していた日本食はどれほど健康に良かったかが分かります。
しかし、無理して野菜を食べることでストレスをためてはいけません。

赤ワインにも有名なポリフェノールがあります。
赤ワインを飲むなど、自分に合った無理をしない程度の摂取を続けることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ