花粉症の症状で微熱が出ることもあります。

花粉症の症状として、目のかゆみ、のどの炎症、鼻水、鼻詰まりがよく知られています。
中には、微熱が出る人や皮膚の炎症や痒みを伴う人も見られます。
微熱で身体がだるい場合は、風邪や疲れと勘違いする人もいますが、春先や秋、毎年同じ時期に発熱が続いたり身体がだるいようなら一度病院で調べてみた方がいいでしょう。

他の重大な病気の場合でも発熱が続くことはあります。
また、花粉のアレルギーについては血液検査で簡単に調べることができます。

花粉でアレルギー反応が出るのは春と思いがちですが、花粉は年中飛散しています。
秋の花粉でもアレルギー反応を起こす人がいて、代表的なのがイネ、ヨモギ、セイタカアワダチソウです。

セイタカアワダチソウは秋にどこにでも生えている雑草で、黄色い花を咲かせるので一度は見たことがあるかもしれません。
この雑草はどこででも見かけるので、これでアレルギー反応を起こすようになると見かけるたびに苛立つ人もいます。

花粉の時期には、花粉防止用のサングラスやマスクを使用することで、アレルギー反応の症状を抑えることができます。
また、帰宅時には上着やカバンを払うと室内に花粉を持ち込むことを抑えられます。

花粉でのアレルギー症状を発症してしまうと治すのは難しいとされていますので、アレルギー症状を抑える薬や、サングラスやマスクを使用して花粉によるアレルギー反応を緩和していくことが大切です。

花粉によるアレルギーを知って、上手に花粉予防対策を行っていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ