白樺花粉症とうまくつきあっていくためにできること

花粉症は多種多様で、現在分かっているだけでも約50種類以上あると言われています。
症状は目のかゆみ、鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどです。
花粉症の原因は植物の花粉ですが、白樺花粉症はその名の通り、カバノキ科カバノキ属シラカバが原因となります。
白樺は日本では北海道に広く分布していることで知られています。

そのため、白樺花粉症の患者は北海道に多いのですが、本州でも近畿以北、本州中部の福井県や岐阜県以北の高原に多く見られます。
原因となる花粉が飛散する時期は3月から6月ですが、北海道では4月から6月です。

ハンノキ花粉症と並んで、北海道では代表的な花粉症として知られています。
もともと白樺は北国を代表する樹木で、その名の通り樹皮が白く大変美しい植物です。
日当たりの良い場所を好み、街路や庭、公園などにも多く植えられています。

1本の木に雄花と雌花をつける雌雄同株で、北海道内の22の市町村の木に指定されるなど、高原の美しいイメージにぴったりの樹木なので、それだけに北海道のあちこちで多く見られます。

そんな背景で、1980年代後半から北海道を中心に患者が増え始めました。
また、特定の果物や野菜による食物アレルギー症状や、口腔アレルギー症候群を併発するケースも増えてきました。

白樺花粉症の患者の約6割に、この口腔アレルギー症候群が合併していると言われています。

白樺の花粉とバラ科の果物との間に交差反応があると考えられていますので、バラ科の果物、たとえばリンゴやさくらんぼ、モモなどの他にも、プラム、メロン、スイカ、ナッツ類、セロリやトマト等の野菜にまで注意が必要ですので、専門医の指導を受けるようにしましょう。

対策として、外出時にメガネやマスクなどで花粉から防護し、原因植物に近づかないようにします。
良い薬も有りますので、症状が出たら早めに専門医に相談して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ