花粉症のメカニズムや症状などの説明

私たちの身体では、花粉が体内に侵入してくるとその花粉に反応するIgE-抗体という物質が作られ、肥満細胞の表面に付着します。
再び侵入してきた花粉がIgE-抗体と結びついてしまうと、肥満を形成する細胞からヒスタミンなどといった成分へ反応してしまい、くしゃみや鼻水、目の痒みなどといった症状が表面化します。
花粉症は風邪に非常に良く似ている為、花粉症であるにも関わらず、風邪だと思い込んで状態を悪化させてしまうケースも見られます。

花粉症特有の症状を知り、おかしいなと思ったら医師に診てもらって、早目の治療を心掛けましょう。
具体的には、立て続けに出るくしゃみや透明でサラサラした鼻水が何日も続いたり、目の痒みが挙げられます。

風邪と比較した場合、くしゃみは風邪では立て続けに出る事は珍しく、鼻水も初めはサラサラでも数日で黄色くネバネバした物が出てきます。
また、風邪では目の痒みはほとんどないので、これらの症状が出た場合は受診した方が良いでしょう。

病院では、初めは具合の酷い部分を申告して診療科の先生に診てもらうようにします。

治療薬を処方してもらう場合には、抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬などがあり、眠気を誘引する成分や喉が渇いたりするなどといった副作用が報告されていますが、自動車の運転をしている人には危険だったこともあり、改良に改良を重ねた第2世代抗ヒスタミン薬という薬も存在します。

また、飲み方も1日1回服用する物と2回服用する物の他に、口の中ですぐ溶けてどこでも水なしで飲める口腔内崩壊錠や子供でも飲みやすい甘い味のドライシロップも出ていますので、早目に医師に診てもらい、それぞれに合った治療を始めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ