意外に知られていない花粉症による咳

花粉症は、植物の花粉が目や鼻等の粘膜に接触する事で、身体が反応してしまうアレルギーの一種です。
治療には対症療法と根治療法があり、一般的に花粉症の各症状を抑えるのは対症療法と呼ばれ、病気そのものの治癒を目指す物は根治療法と呼ばれています。
医療機関で行われる各種の薬剤治療(薬物療法)は対症療法で、現在のところ、確実な根治療法は開発されていません。

患者数は日本国民の約30%と言われており、国民病とも言える病気になっています。
この病気の三大症状は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみですが、咳に悩まされている方もいます。

この症状はあまりよく知られていませんが、花粉を口から吸いこむのが原因だと考えられており、花粉を口から吸いこむと喉がイガイガしてかゆくなり、鼻が詰まることで口呼吸する機会が多くなります。

そのせいで喉を痛めてしまい咳の症状が表われるのです。
放っておくとアレルギー性の咽頭炎や慢性咽頭炎等の病気になってしまう事もあります。

他に考えられるのは、副鼻腔炎(蓄膿症)を発症して、作られた鼻汁が、鼻の後ろから少しずつ咽喉頭に流れ落ちていき、その刺激が原因で症状が出る方もいます。

アレルギーを治療するのも手ですが、日常生活の中で花粉を吸いこまないように注意すれば、その症状を緩和させる事が可能です。

まずはマスクを着け、家の中に花粉を持ち込まない、洗濯物は外に干さない、部屋をこまめに掃除するといった基本的な対策が重要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ