花粉症にはサプリメントがお勧め

冬が終わると花粉症の人にとって辛い季節がやってきます。
飛散が落ち着くまでの約3ヶ月間、病院で処方された薬を毎日飲み続けるという人も多いのではないでしょうか。
しかし、薬は少なからず副作用の症状が表れ、眠気やだるさなどで仕事や学業に身が入らなくなったりします。
医師から処方される薬は臨床実験が行われているため確かな効能がありますが、副作用を避けるなら食品であるサプリメントが良く、体質に合う物を見つけられると高い効果が期待できます。

利用している人が多い甜茶には、甜葉懸鈎子というポリフェノールや抗ヒスタミンの成分が含まれていて、同じような作用を持つ赤シソもお勧めです。
また、花粉症の発症に関連があるIgE抗体という物質の分泌を抑える乳酸菌のサプリも人気があります。

アレルギーの症状と共に肌も荒れてしまう人には、アンチエイジング効果がありヒスタミンの抑制作用もあるアスタキサンチンや、美白や保湿だけでなくアレルギー反応も抑えるプラセンタがお勧めです。

更に、アメリカやヨーロッパでは既に花粉症予防として知られているケルセチンは、ビタミンCと同時に摂取することで効果がアップします。

サプリメントは最低でも3ヶ月間は続けないと体質改善がされないと言われている為、花粉の季節が到来するかなり前から飲み始めておくと、毎年アレルギー反応が出ていた時期になってもくしゃみや鼻水などの症状が出ずに陽気な春を楽しむことができるかもしれません。

症状を予防すると言われている納豆やヨーグルト、青魚やブロッコリーなどを積極的に料理に取り入れながら、サプリメントを補助的に使用して、花粉を気にしなくて済む春を目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ