花粉症からくるのどの痛みについて

花粉症と言えばくしゃみや鼻水、鼻詰まり、目の痒みなどが代表的な症状ですが、のどが痛くなる人もいます。
その理由として第一にのどの乾燥が挙げられ、鼻が詰まると自然に口呼吸が多くなりのどが乾燥しやすくなるため、痛みが生じるからです。
また、鼻水がのどのほうへ流れて行き、のどを傷めてしまうという場合もあります。

そして、のどに痛みがある際には、同時にリンパが腫れているような感じになることもあり、リンパの腫れというのは、一時的に体内に入ってきた細菌に対してリンパ節で抗体が反応するために起きるものですが、花粉症はアレルギー反応の疾患なので、リンパが炎症状態になることが多々あります。

のどが痛いと風邪と思いがちですが、風邪であれば痛みは一週間ぐらいで治まるものです。
ですから、もし痛みが一週間以上続く場合は花粉症の可能性がありますので、病院での検査をお勧めします。

そして、のどの痛みへの対策ですが、まずは徹底的なうがいが効果的です。
外から帰ったときや食事の前、痛みを感じるときなどに行い、のどのほこりや花粉を取り除き、常時潤いを保ちましょう。

部屋を適度な湿度に保ち、のど粘膜の乾燥を避けると共に、室内に存在する花粉などの浮遊を抑えるよう心がけます。
加えて、マスクの着用ものどを乾燥から守ったり、花粉の吸いこみを防ぎますので不可欠です。

そして、辛いものや熱いものなど刺激が強い食べ物を避け、のどにストレスがかからない食事を選びましょう。

このように、のどの痛みには様々な対応策がありますので、是非参考にしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ