辛い花粉症対策にはグッズを活用するのがお勧め

花粉の季節が到来すると、外出が億劫になる人も多いのではないでしょうか。
くしゃみや鼻水、鼻詰まり、目の痒みなど、人によって花粉症の症状は仕事ができないほど酷い場合もあります。
日本ではスギ花粉が花粉症のアレルゲンとなるケースが最も多いですが、他にも、ヒノキやカモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカバなどがある為、反応が出てしまう植物や時期にばらつきがあり、患者は国民の25%にも上ると言われています。

その季節を乗り切ると症状は治まるので、飛散する数ヶ月間は、グッズを駆使してなるべく症状を抑えましょう。

花粉対策のマスクは定番と化しましたが、プリーツタイプから立体型まで形は様々で、女性の方なら口紅が付きにくい仕様になっている物を選べば化粧が落ちるストレスも軽減されます。

花粉を吸い込まないよう鼻の入り口に塗っておくクリームは、一度塗ると効果が数時間持続し、何らかの理由でマスクを着用できない時や、眠気などの副作用を避けるために薬の服用ができない場合などに重宝するので人気のグッズです。

マスクと併用すると更に効果がアップする為、重度の方はダブルでの対策が良いでしょう。

鼻水と鼻詰まりにはユーカリやペパーミント、ティーツリーなどのアロマオイルも効果が期待でき、マスクに少量を塗布して使用するのもお勧めです。

その他、花粉が付かないよう専用のコーティングが施されたコートを羽織ったり、髪や目を守るメガネや帽子の着用、こまめな拭き掃除はもちろんのこと、玄関先で花粉を払い落として家に持ち込まないようにしたり、帰宅時にはうがいと洗顔を欠かさないなど、生活面でも気を配りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ