スギ花粉症に苦しむ人は沖縄への避難は有効です

毎年、春の訪れと共に花粉症に苦しむ人は大勢いますが、この病気が発見されたのはかなり最近で、昭和36年に日本で初めてブタクサによる患者が発見され、その2年後にスギ花粉の患者が発見されました。
それ以来患者数は増え続け、今では4人に1人がこの病気の患者だと言われています。
花粉症の主な原因は風によって受粉する植物の花粉で、スギ花粉はその代表で患者の約8割を占めています。

そして、スギ林の面積は全国森林の18%、国土の12%を占めていますが、花粉の量には地域差が発生します。
それは、森林の面積に対する影響が多く、比率では九州、東北、四国の順で多くなっており、北海道はスギ花粉の飛散が極めて少ないです。

そして、沖縄にはスギが全くありません。
原因となるスギがないので、本土で花粉症に苦しんでいた人が沖縄へ来た途端に症状がピタリと治まるという話もよくあります。

その為、花粉の時期にはウィークリーマンションなどに長期滞在する人や、1日2日だけでも花粉の苦しみから逃れたい人が週末だけ訪れています。

花粉のない場所で数日間過ごしただけでも、しばらくは花粉症特有の症状が治まる人が多いので、週末だけ訪れるのも有効なのではないでしょうか。

また、清福ファンシーという泡盛が症状の軽減に役立つとの治験データもあり、スギ花粉の飛散が始まるほぼ1ヶ月前から、毎日この泡盛を15ミリリットルずつ、飛散注意報がなくなるまで朝夕服用したところ、クシャミ、鼻水、眼の痒みが著しく軽減されたそうです。

花粉から避難したいけれど沖縄は遠くて行けないという人は、泡盛を試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ