花粉症で現れる目の症状と対策

花粉症とは、スギやヒノキなど植物の花粉が引き起こすアレルギー症状のことで、季節性アレルギー鼻炎とも言い、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが現れます。
日本人の25%が症状を持っているとも言われており、身近な病気の一つです。
花粉の飛ぶ時期に対策をすれば症状を抑えられますが、ここで具体的な対策方法を紹介します。
まずは、目や鼻をきちんとケアすることが重要です。

付いた花粉を落とすために目を洗うことは効果的ですが、洗う際に水道水を使用すると涙まで洗い流してしまい細胞を傷つけることになってしまうので、市販の人工涙液を使用しましょう。

また、かゆみが現れた時には、冷やすことでかゆみが楽になると言われていますので、冷たいタオルを乗せて冷やすことをお勧めします。

他にも、普段の生活で気を付けることは、疲れを感じる前に休憩したり、バランスの良い食事や睡眠を十分にとること、たばこなどの原因によって部屋の空気を汚したり、空気の乾燥をしないように気を付けるなど、目をいたわるようにしましょう。

パソコン作業の際は、1時間の使用ごとに15分の休憩を挟むようにすると良いですし、鼻をケアする場合も、加湿を心がけて部屋の水分も保つことが大事です。

乾燥していると粘膜が荒れやすくなってしまいますので、鼻をかむときには保湿ティッシュを利用したり、生理食塩水で洗浄することも効果があります。

洗浄は過剰にし過ぎても逆効果になりますので、適度な回数で行い、症状がひどくおさまらない場合は病院で診察を受けて適切な薬を処方してもらいましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ