花粉症の原因と対策について

一般的に4大症状と呼ばれる、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみが花粉症の主な症状と言われていますが、喘息に似た症状や結膜炎などの症状を引き起こすこともあります。
日本ではスギやヒノキによる花粉症が多く、春先に症状を訴える人が増えますが、ブタクサやシラカンバなど他にも原因となる植物は沢山あり、人によって原因や症状が現れる時期が異なります。

長い間に渡り大量に花粉を吸い込むことで発症の可能性が高まることや、遺伝や生活環境、人体の免疫作用の変化なども関連があるのではないかと考えられています。

まだ解明されていない点もありますが、自分でもできる様々な対策があります。
日本気象協会では花粉の飛散に関するデータを公開しており、特に雨のち晴れで気温が高くなり、南風が吹いている日を要注意日としています。

こうした気象や花粉の飛散情報を事前にチェックしておけば、外出時にメガネやマスクを身に着けて、花粉との接触をなるべく避ける工夫ができます。

帰宅する際は玄関に入る前に花粉を払い、室内に持ち込まないようにすることも大切です。
そして、洗顔やうがいを行い、体についた花粉はきちんと洗い流すことを習慣として心がけましょう。

また、防いでいても花粉はいつの間にか室内に侵入してしまう場合があるので、こまめに掃除をすることも対策になります。
フローリングの床であれば拭き掃除を行うと効果的で、布団は外に干すと花粉が付着してしまうので、布団乾燥機や掃除機を活用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ