花粉症を漢方薬で治療する

毎年春先になると、スギ花粉症に悩まされる人はたくさんいます。
花粉症の原因とされる花粉は、春に大量に飛散するスギ花粉以外にも、ヒノキ、ブタクサ、イネ科の植物などもあり、これらによるアレルギーを持つ方もいます。
花粉症は花粉が鼻や目などの粘膜に付着することで引き起こされ、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみが特徴的な症状です。

また、肌荒れ、喉の痒み、頭が重いなどの症状が現れることもあり、こうした症状の治療には薬物療法、減感作療法、レーザー治療などがありますが、ここでは漢方薬による治療をご紹介します。

漢方薬と言えば効き目が穏やかというイメージを持たれる方もいると思いますが、適切に使うことで即効性の期待できるものが多くあります。
症状を抑えること以外にも、血行促進や免疫が高くなるなどの効果も望め体質改善にも役立ちます。

花粉症の治療に使われる漢方薬は数多く存在しますが、代表的なものに小青竜湯や葛根湯加川きゅう辛夷があります。
小青竜湯は水のような鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状に効果があり、体を温める作用もあるので冷え性の方によく効きます。

もう一つの葛根湯加川きゅう辛夷は、冷えをあまり感じず比較的体力がある方に向いていて、慢性鼻炎や鼻づまりなどに効き、頭重感や肩こりなどの症状が伴う時にも有効とされています。

ただし、漢方薬は全ての方に効果があるわけでなく、体質に合わないと副作用が出る場合もあります。

その場合には症状と体質により処方を変える必要があるので、専門家や医師の指示を受けて正しく使用することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ