9月10月11月の秋の花粉症対策

花粉症は春先に飛び交うスギやヒノキの花粉で症状が出ると思われがちですが、花粉は一年中何かしら飛び交っており、ひどい人だと一年中悩んでいる人もいます。
花粉症の症状としては、目のかゆみ、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどがあり、人それぞれ何の花粉に反応して出ているのか、そして症状の出方は様々です。

9月10月11月頃の花粉と言えば土手などに生えている草花で、稲、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどがあります。
草花の花粉だとその草花がない所で生活することが一番でしょうがそうもいかないので、自分で出来る対策をとりましょう。

まずは天気予報はまめにチェックするようにし、風の強いと思われる日の外出はなるべく避け、それでも外に出なければいけない時はマスクを着用することが望ましいです。

さらに、目を保護するメガネや髪の毛に花粉が付かないように帽子をかぶることもオススメで、出来れば花粉の付きにくい洋服を選ぶほうが良いでしょう。

室内にいても窓を開けないようにして、加湿器を設置すると花粉症の鼻やのどにも効果があります。
また、アレルギー反応は体調が影響することもあるので、免疫力を高めることも重要になってきます。

花粉症専用の目薬や飲み薬なども市販されており、それを使うと改善されますが、あまりにも症状が辛いときには近くの病院を受診して、専門的に診てもらう方が早く改善する場合もあります。

自分で出来る対策をとって、上手に花粉症と向き合っていくことが望ましいと考えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:花粉症対策

このページの先頭へ