高血圧の原因には、遺伝性素因や日常生活の中での不摂生などがあります

長期に渡って血圧が高い状態が続くと、時には生命を危機にさらすような状態を招くことがあり、そのため、普段から自分の血圧の値を把握し、異常に高くなっていないか調べておく必要があります。
そもそも高血圧には大きく分けて二種類のタイプが存在します。
一つは本態性高血圧というものです。

原因としては、遺伝性素因や日常生活の中での不摂生と言われています。
この日常生活の中の不摂生には、塩分の摂りすぎや刺激のある調味料を使った食事を繰り返したり、ストレスや運動不足、アルコールや肥満といったものが要因とされています。

遺伝性素因からみると、両親が共に血圧が高い場合その子供はかなりの確率で後に血圧が高くなることもわかっています。
また、年齢が上がってくることが原因となって生じてくる血圧上昇もこの本態性に含まれます。

血圧が高いと診断される人のほとんどがこの本態性になり、その割合は約95パーセントになります。
もう一つは、二次性高血圧といわれるものです。
これは、血圧を上げるような病気が原因としてある場合にこの二次性のものだと診断されます。

代表的なものにまず一つ目は、糸球体腎炎、慢性腎盂腎炎、嚢胞腎などの腎臓の機能が低下する病気により血圧が上昇している場合が考えられます。

もうひとつは内分泌性のもので、ナトリウムや水分を身体にためることで血圧を維持するアルドステロンというホルモンが過剰に分泌されて血圧が上昇している原発性アルドステロン症や、血圧を上昇させるカテコールアミンというホルモンが過剰に分泌される褐色細胞腫などがあります。

そして、この二次性のものは本態性のものよりも比較的治療しやすいこともわかっています。
自分の血圧が高くなった時にはどのタイプの血圧上昇かを把握し、それぞれにあった治療を行っていくことが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ