自動血圧計を使用する際は、安静な状態になり、落ち着いてから測定する必要があります

年齢を重ねるにつれ誰しも気になる血圧ですが、測定するための血圧計については無頓着なことも少なくありません。
とりあえず安い物でとか、ちょっと簡単に測れる物でという基準で選びがちですが、血圧の値として正しく見るためには、測定する部位によっても値が違うという事を知っておく必要があります。

一般的に安静時の血圧(落ち着いた状態で、仰向けに横になって測定)として測定する場合、上腕(二の腕)での加圧により上腕動脈を圧迫して測定します。

血圧は、上の血圧を収縮期血圧、下の血圧を拡張期血圧と言います。
収縮期血圧は、心臓が収縮して血液を押し出した圧になり、血管が細かったり、硬くなると高くなります。

体の先になるに従って血管は分岐し、細くなること、また、先端に行くほど血管の障害や個人差、左右差などが出やすく、測定誤差が大きくなる傾向が見られます。

また、心臓よりも高い位置で測定すると低い値になり、心臓よりも低い位置で測定すると高い値が出ます。
測定時の注意点としては、安静な状態になり、落ち着いてから測定するようにします。
血圧は常に変動しており、少し力を入れただけでも上昇しますし、寝ている状態から起き上がるだけでも大きく変動します。

自動血圧計を購入し、自宅で測定する場合は、これらの事に留意して測定することが大事です。
値段に関しては高ければいいという物でもなく、カフ(膨らむ部分)が適切に加圧され、ゆっくりと除圧され、その際に音、もしくはセンサーで血流が測定できれば問題ありません。

不整脈がある場合には、不整脈モードなどが付いた機種が無難ですが、カフの除圧がゆっくり行える機能がついていれば、ある程度測定は可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ