意外と知られていない、低血圧の症状。

低血圧とは一般的に収縮期血圧が100mmHg未満をいうことが多く、無徴候の人から立ちくらみやめまい、失神などの徴候を自覚する方もいます。
また、全身の倦怠感などを伴う場合もあり徴候は様々です。
低血圧は上記の徴候がある場合に診断されることがあります。

安静時から血圧が低い場合もありますが、寝た状態から立ち上がる、座った状態から立ち上がるなどの急な姿勢の変化時に血圧が低下し徴候が見られます。
このように、原因疾患と体位の関係は重要です。

原因として、循環血液量の減少や心拍出量低下、末梢血管抵抗などが減少することが考えられます。
疾患名として、本態性、急性、慢性と分けられます。

本態性は、全身倦怠感、めまい、立ちくらみなどの症状が現れます。
また、常に血圧が低い状態を示し、明らかな原因疾患が認められない場合に本態性と診断されます。

症状の出現様式とは関係なく、原因疾患が明らかな場合は症候性と言われます。
起立時のみ血圧低下と徴候の出現がある場合は、起立性という症状名が付きます。

急性は、ショックや急性循環不全を示すような急激な徴候が出現します。
一方、慢性心不全は急性のように激烈な徴候が現れることはなく症状は緩徐に出現し持続します。

急性は、慢性に比べると重症であることが多く救急救命処置が必要になります。
いずれの低血圧であっても原因疾患の特定が必要ですし、適切な治療を受けるためにも専門医による診察が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ