血圧降下剤の種類及び作用機序と副作用について

高血圧の治療には、一般療法と薬物治療があります。
高血圧の薬物治療として、血圧降下剤が使用されることが一般的ですが、この血圧降下剤にはいくつもの種類があることをご存じでしょうか。
大まかに分けると5つの種類に分けられ、それぞれ作用機序や副作用が異なります。

まず、利尿作用に働き、血中のナトリウムを尿として排出させることにより血圧を低下させる薬です。
代表的なもので、サイアザイト系利尿作用剤などがあります。

副作用としては、血中尿酸値を上げる低カリウム血症、脂質代謝異常などが挙げられます。
次に、交感神経を抑制することで血管収縮を防ぎ、血圧を低下させる交感神経抑制剤です。

副作用としては、抑うつ傾向を起こすこと、眠気や悪夢、性機能の低下などが挙げられます。
次に、血管を拡張させて血圧を下げる血管拡張剤です。

最近では、カルシウム拮抗薬が開発され、こちらのほうがさらに作用が確実なために、最近ではあまり使用されなくなってきました。
カルシウム拮抗薬は、血管壁の平滑筋の収縮に必要なカルシウムの細胞内への流入を阻止し、血管を拡張させることで血圧を下げる薬です。

作用が確実であること、また冠動脈の痙攣性の収縮による狭心症に非常によく効くため、良く用いられる薬になっています。
副作用の中には、顔面の紅潮や頭痛、むくみなどが見られます。

他には、ACE阻害薬(アンギオテンシン変換酵素阻害薬)があり、昇圧作用をもつアンギオテンシンⅡの産出を抑制することで血圧を下げます。
副作用としては、軽い咳、発疹などがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ