血圧手帳で日頃の血圧を管理しましょう

高血圧症で病院にかかっている人は、病院で血圧を測ることもあると思います。
その時の血圧で先生は診断をしてくれますが、それ以外にも「普段の血圧はどうですか」ということを聞かれることもありませんか。
実は、病院に来たときには血圧の状態が良くても、家での普段の血圧が悪い場合、またはその逆に病院では血圧が高くても、普段の家での血圧は正常な人もいます。

したがって、病院のときの血圧だけで診断を下してしまうと、誤った診断になってしまう可能性もあるのです。
そこで、普段の血圧を記録するために血圧手帳を勧められる場合があります。

血圧手帳とは、普段の家での血圧を分かりやすく記録できる手帳です。
手帳によって様々なタイプがありますが、基本的には朝の血圧と夜の血圧を記録するものです。

それが折れ線グラフで記録できたり、表で記録できたりするのですが、要は血圧がきちんと記録さえできれば問題ありません。
そうすることで普段の血圧がわかるので、今後の診療の指針に役立てることが可能です。

また記録を続けていると、たまに何かの拍子に血圧が高くなったり、低くなったりすることもあります。
そのようなときに、自分がどのような生活の変化があったのか、もしくはなかったのかが分かれば、血圧以外にも隠れた病気の発見に繋がることも充分考えられます。

血圧が高めの人はもちろんのこと、血圧が気になる方、健康に注意している方には血圧手帳で血圧を管理することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ