高血圧な方の食事は塩分は6g未満が良いです

高血圧の方の食事について、血圧が高い人は、塩分を控えることが非常に重要となります。
塩分については、通常の食事だと、約10g以内にすることとされていますが、高血圧の方の場合は、塩分は6g未満がいいと言われています。
これは、塩分を取り過ぎてしまうと血圧が上昇するため、大変重要なポイントです。
ですから、高血圧の人は塩分を控えた食事を摂らなければならず、それには工夫が必要になります。

その工夫とは、塩分を取らなくても、その料理で素材の味を生かしたものを考えて利用することです。
そしてその素材の味を生かすためには、だしなどが重要になります。

また、塩分を控えるようにするためには、スパイスなどの香辛料を使用することも効果的で、塩分を少なくしても、工夫次第で美味しく料理を食べることができるのです。

料理を工夫することによって、塩分を少なくしても美味しいと感じることができれば、その味に慣れてくるようになります。

薄味に慣れて、塩分を少なくしたことによって健康を維持できればこんなにいいことはありません。

また、塩分を体から排出させることができるカリウムの摂取も必要になります。
このカリウムは、果物などに多く含まれている成分です。

塩分控えめで、カリウムを多く含む食品を摂取することで、かなり高血圧を予防することができます。

そして、このようにするためには、一緒に時間を共にしている家族の協力が必要不可欠だと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ