高血圧になると、頭痛、めまい、肩こりなどの症状が起こります

高血圧には基本的に二つのタイプがあり、本能性高血圧症と二次性高血圧と言われるものです。
二次性のものはホルモンのバランスの乱れが原因とされていますが、本能性と呼ばれるものは、原因がこれといって分かっておらず、患者の9割以上がこちらの方に該当し、心筋梗塞や脳卒中というような合併症を引き起こします。

具体的な症状で言うと、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸、息切れ、胸の圧迫感、手足のしびれ、視力障害、トイレが近くなるなどの症状が挙げられます。

進行が初期の場合は自覚症状がなく、ある程度進行してから判明するケースが多いので、気がつけば心筋梗塞などの深刻な病気を発症しているようなケースがあり厄介なものです。

また、この病気の人は年をとるとボケやすい傾向にもあるので、少しでも心当たりがある場合は早いうちに対策を打つためにも、血圧検査を定期的に受けるのが良いと言われています。

家庭用の血圧計が売られているので、そういったものを活用して対策をするのも良いでしょう。
また、他の対策としては、普段からの生活習慣を見直して正していくことです。

原因不明とは言っても、発症する要素は遺伝によるものと生活習慣によるものといった具合に知られてきています。

生活習慣で気をつけるべきことは、塩分の過剰摂取を控え、食べる量も多過ぎないようにし、適度な運動を行って、飲酒や喫煙を控えることです。

こういったことに注意すれば、発症が起こるリスクを大きく抑えることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ