高血圧治療ガイドラインが時代に合わせて迅速に改訂されました

日本高血圧学会は高血圧治療ガイドラインを2004年に発行しました。
その後の降圧薬の試験結果や、近年の食生活の欧米化によるメタボリックシンドローム、肥満を合併する患者の増加等の高血圧以外の他疾患やリスクを考慮した治療が重要となり、改訂版が2009年に発行されました。
この治療ガイドラインの目的は、医師が診療で出会う高血圧者に最適な診療をする標準的な指針と根拠を示し、治療方針の決定と治療内容の向上に貢献し、管理の進歩と心血管病抑制に寄与することです。

新たなガイドラインによると、心血管病の危険因子にはメタボリックシンドロームの他に慢性腎臓病を取り上げています。
正常高値の人でも、糖尿病等の危険因子があるならば、高血圧患者と同様にと治療対象を広げました。

低血圧でも心筋梗塞や脳梗塞を起こす場合があり、治療対象を拡大しています。
血圧の正常高値は最高130~139、最低85~89と定め、糖尿病や血管障害後の患者は最低血圧が80未満を目標にしました。

喫煙等、血圧以外の危険因子がある人も中等リスクと位置付けました。
慢性腎臓病や糖尿病やの人は高リスクであり、すぐに降圧薬による治療が必要としましたが、従来の基準では主治医の判断に委ねていました。

改訂ガイドラインによると、肥満や脂質代謝、糖代謝異常等の危険因子がある場合も、脳心血管リスクが高い為、降圧治療の考慮と生活指導の修正をとるよう明文化しています。

まとめますと、リスクの層別化、降圧目標、治療の基本方針、降圧薬治療、心疾患合併例の治療指針等に修正が加わりました。
これは、積極的で迅速な改訂だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ