オムロンの血圧計の特徴について

一昔前まで、腕にベルトを巻いてポンプで空気を送って腕を圧迫し、目で数値を確かめていた血圧計は、後に自動で計測してくれる機械になり、現在では、更に進化した小型の計測器になりました。
その代表となるオムロン血圧計の累計販売台数は1億台を突破し、シェアナンバーワンの信頼を誇るだけでなく、一人一人に対し最適な血圧測定が行える独自の技術と、そして巻きやすさに徹底的に拘った腕帯など、オムロンだからこそ開発できた物が販売されています。

測定中に体が動くと画面に表示して知らせてくれるだけでなく、2人分の朝晩の血圧値を個別に管理して、8週間分の平均値をグラフにて表示してくれるので、血圧値の変化が一目で分かり、治療をしている方にはとても役立つでしょう。

腕にフィットする構造でずれずに片手で装着できる腕帯は、柔らかい素材を使用しているため、締め付けの痛みを軽減し、しかもぴったりと巻けているかどうかも光と文字で知らせてくれるので年配の方でも難なく使用できます。

もっと簡単に計測したい方には手首式血圧計がお勧めで、薄くて軽い小さなボディでありながら数値は正確で、使用方法も簡単で使いやすく、持ち運びにも便利です。

上腕計測式と同じように、正しく装着されていない場合や体が動いた時、更に姿勢が正しくない場合にも知らせてくれる為、データにばらつきが出ないのもポイントでしょう。

計測の時間が早く、また、データを管理する際は本体の電源が切れていてもスマートフォン側だけ入っていれば転送でき、パソコンやiPhoneからも閲覧が可能なので、新しく購入する方や買い替えの際にはオムロンがとてもお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ