高血圧と関係のある心臓の病気について

心臓は、身体全体に血液を送り出すポンプの働きをしており、心筋という筋肉で作られていますが、血管を流れる血液の圧力が高くなると常に血管に負担がかかり、動脈や心筋にもトラブルを招きます。
自覚症状がないので日々の健康管理が重要だと言えますが、高血圧と関係のある心臓の病気の代表例として、心肥大、狭心症、心筋梗塞が挙げられます。

心肥大は心筋の重量が増加し、ポンプ機能が低下して血液を送り出す力が弱まる疾患です。
血液を送り出す力が弱まれば全身に送り出される血液の量も減り、心不全の症状が現れます。

狭心症は、発作的に胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気で、高血圧によって血管に負担が掛かり続けると血管の壁が傷つき、そこにコレステロールが溜まり、血管の壁が厚くなって動脈硬化になってしまい、血液の通り道が狭くなります。

この様にして血液の流れが悪くなると、心筋に十分な酸素や栄養が送り込めず狭心症を招くのです。

心筋梗塞は心筋が壊死に陥る病で、心臓に血液を送っている冠動脈が動脈硬化等で狭くなったり、血栓が詰まったりして血管を塞いでしまい、血液が通れなくなるとその先にある細胞は死んでしまいます。

細胞の死んでしまった部分は働きが悪くなってポンプ機能が衰えてしまい心不全になるケースや、不整脈、心臓破裂といった合併症が起こると死に至る危険があります。

高血圧はこの様な病気を起こしやすくするので、高めの人は下げる事を心掛け、将来発症するかもしれない合併症を防ぎ、健康的に寿命を延ばす努力をしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ