血圧を正常値へ戻したいなら適度な運動を取り入れましょう

最近よく耳にする生活習慣病は、改善のために食生活の見直しや適度な運動が推奨されています。
特に高血圧に関わる生活習慣を見直す場合、運動は効果がある方法と言われています。
高血圧の診断基準の中でもI度の段階であれば、薬を使用しなくても食事とトレーニングを取り入れれば改善できるとされており、数値を下げることも可能です。

トレーニングを行うと逆に数値が上がってしまうのではないかと心配をする方もいますが、適度に運動すれば心臓や肺の動きが活発化し、血液の循環が促進します。

続けていけば次第に体の各部位の機能が鍛えられ、体の機能がアップすることによって肥満や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病全般に対しても良い影響を与えます。

行うトレーニングは継続していくことが大切で、無理なく続けられるものを選ぶと良いでしょう。
中でも手軽にできるウォーキングやサイクリング、可能であればスイミングysエアロビクスといった有酸素運動がお勧めです。

毎日30分以上行うのが理想ですが、2日に1回のペースで行える位のトレーニングを取り入れて下さい。

一方で、高血圧の方は懸垂や腕立て伏せなどの無酸素運動は一瞬息を止める行為が伴うため、一時的に数値が上がってしまう可能性があり危険です。
そのため、無理なくできる有酸素のトレーニングを取り入れてみましょう。

また、あまりにも数値が高い方や他にも疾患を持っている方は医師に相談の上、症状や体調に合ったプログラムをそれぞれ作成してから実践するようにして下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:血圧

このページの先頭へ