毛染めの為の染毛剤による害と流言

毛染めの害について、いくつかのことは所謂染毛薬剤の成分個別にある、化学成分の副作用と認識されています。
そうしたことは病院で処方されたり、一般役として購入できるお薬の中にもありますので、一般に広く認知され、自己責任で使用する為の一助にするべきものです。

しかし染毛剤を使用することによるデメリットやリスク、と言われるものの中には、明らかにカラーリングとは無関係な、やや根拠がない迷信のようなものもあります。

染毛剤を使うと妊娠しづらくなる、とか生理痛がひどくなる、という訴えをするケースがありますが、それらの訴えが染毛剤との相関性を認められたり、科学的根拠を示されて説明されたことはありません。

染毛剤を開発、製造販売しているヘアケア製品のメーカーは、個人の体調によって使用感が異なるから、違和感を感じたら使用を中止するように、という趣旨の文章で、係る苦情へ対応しています。

心配な方はカラーリングを美容室でしてもらう際に、事前にパッチテストをして、かぶれの有無や匂いへの不快感について理解をしておくことをお勧めします。

自宅で市販の染毛剤を使用する場合にも、同様にパッチテストをしておく方が良いですし、使用説明書にも、そのように記載があり、毛染めの害を心配される方であれば、植物染料のみで毛染めをする方が無難だと言われます。
お茶で色が染まるのと同じ理屈ですので、何ら心配はいりませんし、髪に張りが出たり、ボリュームがアップするとも口コミもあるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ