毛染めによるかぶれについて

かぶれと気付いてなかったり、疑いながらも症状が軽いからといって毛染めを続けていると、症状がひどくなることがあります。
さらには突然全身じんましん・呼吸困難・血圧低下などの重いアレルギー症状を起こす可能性があり、たいへん危険です。

症状がかゆみだけであっても、使用するたびに違和感を感じたり、痒みを強く感じたりした場合は毛染めによるアレルギーの可能性が高いので、今後は絶対にを使用してはいけません。

かぶれは、これまでに何回毛染めをした人でも、ある日突然アレルギー症状が出る人もいます。
次に使用した時はもっとひどくなってることもありますし、一生続くと言われています。

症状としては、頭皮・髪の生え際・まぶた・額・耳の後ろ・首筋など薬液が直接付着したところや、洗髪時にのすすぎ液が接触したところなどにかゆみ・赤み・腫れ・ぶつぶつなどの皮膚炎症状が出ます。
かぶれ症状が出た場合は早いうちに必ず皮膚科医などの医師の診療を受けなければなりません。

症状が出たまま繰り返すと、症状がどんどんひどくなり、目の周りや顔全体がひどく腫れてしまったり、より深刻な即時型アレルギーが出ることがあり、場合によっては呼吸困難・血圧低下による意識障害などの重いアレルギー症状を起こす可能性もありますので、たいへん危険です。

予防方法としては、使用する前に毎回必ず、皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をすることが大切で、毎回となると面倒かもしれませんが、一番の予防方法になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ