年齢にあった毛染めの色を選ぶ

年齢があがってくると、個人差はあるものの多かれ少なかれ白髪が増えていきます。
これをこのまま自然に白髪の状態にしていくか、毛染めをして白髪頭になるのを防ぐかどちらかになります。
若いうちのカラーは、明るいカラーにしたり髪を立体的に見せたり奇抜なカラーにしたり個性の一つ、自己主張の一つとして行われることが多いです。

しかし、年齢が上がると奇抜なカラーにする人は減って、落ち着いた色を選ぶ人が多い傾向で、その理由は社会人になる、結婚して家庭に入るなどいろいろな環境の変化から考えが変わることも要因の一つです。

おしゃれを意識して染めることから、白髪を隠すためや身だしなみの為へとなっていきます。
色選びは個人の趣味が大きいといえます。

赤みをおびた茶、黄っぽい茶、チョコレート系など同じ茶といってもそのの種類は様々で選ぶのも楽しいプロセスで、自分に似合うものを選ぶことが、いつまでも若々しく綺麗にいられる秘訣です。

プロの美容師の施術を受けると相談にも乗ってもらえます。
カラーコーディネーターという、カラー専門のスタッフがいるところもあるので相談しやすいでしょう。

自分の染める場合でも今では種類もカラーも非常に豊富で、たいていはサンプルが飾ってあるのでそれを見て選ぶことができ、男性用の白髪染めも専用のものがあり、部分的に伸びてきたところだけをポイントで染めれるものもあるので非常に便利です。
作業としてでなく、自分でカラーを選ぶところから楽しむのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ