泡タイプの毛染めは使いやすい

美容院や理容院で髪を切るのに合わせて、カラーリングや白髪染めをしてもらう機会もあるでしょう。
技術的にはもちろん安心して受けられるものですが、髪の長さや、使用する液剤の品質によっても料金に違いがあります。
そう考えると、カットとカラーリング(あるいは白髪染め)をしてもらうとなると、かなりの料金を支払わなければなりません。

髪はいつもきれいに整えておきたいものですが、カットのたびにカラーリングや白髪染めをすると、料金がどうしても高くなってしまいます。
今では、ドラッグストアやホームセンターで、様々なメーカーからたくさんの毛染めが販売されています。

どれを買えばいいのか迷ってしまうほどですが、きれいに染めるためには、まずは自分の好みの色を選ぶことが大切です。
選ぶといっても、同じ液剤を使っても元の髪の色によって色の出方に微妙な違いが出ることはよくありますので、その点は頭に入れておきましょう。

そして、使いやすいものを選ぶのがもっとも大切です。
使いやすさは、染めやすさにつながります。

特に泡タイプのものがおすすめで、その理由は、泡だとたれてくることが少ないためです。

使用方法は商品に添付されているので、説明をよく読むことが必要ですが、泡タイプだと、ブラシを使うことも、手で髪に揉みこむようにして使うこともできます。

髪全体になじませることができれば、あとは規定時間放置するだけでよいのです。
自宅で手軽にできる毛染め、一度使用してみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ