安全性の高い毛染めは髪の毛の上にカラーをコーティングするものです

毛染めの方法でも、以前から行われているのは、髪の毛の表面にあるうろこ状のキューティクルをいったんめくり上げることで、染料を髪の毛の中に浸透させ、浸透した後にまた元の状態へと戻すという方法です。
近年では、この方法でも髪の毛の中の潤い成分を逃がすことなく行えるものが多く発売されてはいますが、元々の髪の質が細く、キューティクルの重なりの枚数が少ないような人の場合には、どうしてもいったんめくりあげた部分から潤いが逃げやすくなります。

その上、乾燥している場所に長時間いるような生活をしている場合や、紫外線を受けやすい環境では、尚の事髪の毛は傷みやすくなります。

髪の毛にダメージを与えにくい、より安全性の高い毛染めの方法は、髪の毛のキューティクルをめくり上げずに、髪の毛の表面に染料を付着させることができるものが最適です。

出来るならば、毛染めの中に天然のミネラルやアミノ酸等の潤い成分が配合されているものを利用することが、より安全性が高い方法という事になります。

現在では、そのような天然の潤い成分である海藻や、薬用ハーブなどの潤い剤を豊富に使用して作られているものが大変人気が高く、使用した後の髪の毛は、使用される前よりもより水分量が増える良質なものです。

染める前よりもきれいな質の良い髪になれるということで、一度使用した方のリピート率も高いのが特徴的です。
安全性を考えるならば、カラーコーティングできるものが最適だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ