コツや手技がなくても誰でも上手に自分でできる毛染め

昔から、ヘアカラー商品は薬局等で簡単に手に入れることができるという点から利用している人もいましたが、どうしても自分で毛染めをするとむらになってしまったり、思ったカラーと違っていたりと満足度が低いケースが多くありました。
そのため、美容院でヘアカラーをすることがほぼ一般的とされてきました。

美容院でのヘアカラーのイメージで挙げられるものには、むらなく綺麗に染まる、匂いが市販のものよりきつくない、何より手間がかからず楽であることなどがあります。

一方、美容院でヘアカラーを受けるときの欠点といえば、時間がかかる、お金がかかる等が挙げられます。

現在では、市販のヘアカラー剤も非常に工夫がされていて、髪へのダメージを少しでも減らすために、カラー剤自体に髪への栄養成分が入っていたり、トリートメントが一回分ついているものもあります。

また、自分でヘアカラーをするコツとして、最近どこの会社からも販売されている泡タイプの製品を使用することをお勧めします。
泡タイプのものは、それまでの製品と比べて飛び散りにくいため、髪の毛以外の顔や首、衣服等を汚すことを避けることができます。

泡がじんわりと髪に浸透していくので色むらも少なく、自分で自宅でヘアカラーしても簡単に綺麗に仕上がるようになりました。

市販のヘアカラー剤は大体千円以内のものがほとんどですが、美容院でヘアカラーをすると、店にもよりますが大体五千円前後はかかるので、費用の差は一目瞭然です。

それでいて、市販のヘアカラーは、髪の毛へのダメージを軽くするよう工夫されたものや、むらになりにくい製品が増えています。
忙しくてなかなかゆっくり時間がとれない現代人ですから、製品を上手に選べば、さほどコツや手技がなくても綺麗に仕上がります。

時間や費用が気になる方は、市販のヘアカラーを試してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ