自宅で安く手軽に出来る毛染めの薬剤が評判です

自宅で髪の毛を染めたいと思った時、最近評判になっているのが薬局やスーパーで薬剤を購入して自宅で染める方法です。
その魅力は、何と言っても安さと好きな時間に出来る手軽さですが、種類が豊富でカラーバリエーションも様々あるのが嬉しい反面、選ぶのには悩みます。
そんな時は、まず目的によって選ぶのが先決で、毛染めは黒髪を希望の色に染めるもので、白髪染めは白髪を染めて目立ちにくくするものです。

どちらも、酸化染料を使用していたり、アルカリ剤を含んだ1剤となっており、過酸化水素水が含まれた2剤を混ぜ合わせて作った液で髪を染めるという基本的な要素は変わりません。

違っているのは、髪の色を脱色するブリーチ力と髪に色を付ける染毛力です。
毛染めは強いブリーチ力で髪を脱色して、少ない染料で色を付けるので黒髪を自分の好きな色に染めたい時にお勧めです。

逆に白髪染めは染料が多くて強いので、白髪も黒髪もきれいに染めることが出来るので、白髪が目立って気になる場合はこちらを選びます。
ただし、白髪染めで染めてしまうと次に髪を明るい色にしたいと思っても、色が入りにくくなるので注意が必要です。

使用する際は、製品の説明書を良く読んで時間等を守ることが大切で、しっかり染めたいからといって塗布してから長時間放置すると髪が傷んでしまったり、色ムラの原因となります。

他にも、手軽なトリートメントタイプも評判が良く、ヘナという染色する粉が配合されていて、シャンプー後に手で塗って10分放置後にすすぎ洗いするだけで徐々に染まり、トリートメント効果も実感できるものがあります。

もしも、毛染めをしたいと思った時は、自分の目的によって薬剤を選ぶのがきれいに染めるコツです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ