髪や頭皮のダメージに考慮した部分毛染め

白髪を隠したくて毛染めをする人は多く、自宅で染める人もいれば、美容院に行って染める人とそれぞれですが、染めてから約1ヵ月過ぎるとチョロチョロと部分的に白くなっているのが見え始めますので気になってきます。
そのような場合には、部分毛染めを利用する人も多いでしょう。

部分毛染めの多くは手軽さが魅力で、まずお勧めなのは、利尻ヘアカラーシリーズの「白髪隠し」で、これは筆ペンと同じような構造で、ノックする毎にペン先に染料が出てきます。

速乾性に優れているため、外出前に急いで使用しても洋服などを汚してしまう心配がありません。
また、植物エキスと天然利尻昆布エキスを配合しているので、髪や頭皮に優しく、使うたびに染まって白髪が目立ちにくくなるのも嬉しい所です。

少し広い範囲を一度でしっかりと染めたいという場合は泡タイプが便利で、例えば、「ラサーナヘアカラー」は過酸化水素水を配合していないため髪や頭皮にも安心で、泡タイプなので髪になじませやすく、染めムラが少ない自然な仕上がりが特長です。

それから、生え際などの狭いポイントに焦点を当てて染めるマスカラタイプは、部分染めをするには最低限持っていたいアイテムだと言えます。

このタイプは一時的なものが多いですが、天然の毛染め成分使用の「黒耀ポイントケア」は、気になる部分に毎日塗布すると1週間から10日で自然な黒髪に染まります。

この様に、部分毛染めにも様々な商品があり、髪や頭皮のダメージに考慮したものも多数ありますので、是非自分のニーズに応じて選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ