妊婦の毛染めの注意点と安心なトリートメントタイプ

妊娠中の毛染めはあまり良くないと言われていますが、医学的な根拠がある訳ではありません。
薬剤が頭皮に染み込み赤ちゃんに何らかの影響を与える訳では無いので、気にならない方は無理のない範囲で行いましょう。
ホルモンのバランスの変化で皮膚が過敏になっているため、皮膚がかぶれたり匂いで気持ちが悪くなることもあるので、その点を考慮しながら確認して行っている美容院があります。

また、座りっぱなしでいることが多いので血行が悪くなり、腰痛やむくみにつながる場合もあるので気をつけましょう。
また、膀胱が圧迫されてトイレが近くなっていることもあり、我慢せずトイレに頻繁に行くなどして姿勢を変えるようにすることも必要です。

最近は高齢出産が進み、妊婦でも白髪があることは珍しくありません。
自宅で毛染めをする場合は、CMでもよく見かける利尻ヘアカラートリートメントが無添加なので安心できます。

昆布と聞いただけで髪に良さそうですが、天然の利尻昆布エキス配合で髪にツヤと潤いを与え、保湿力も抜群です。
ツンとした匂いはなく、シャンプーの後にトリートメントのように素手でつけられるので手軽に出来ます。

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラーは、ショウガ、アロエ、メントールなどの髪に優しい成分が配合され、ヘッドスパも出来てしまうことで人気があります。

白髪を気にするあまり不安になることは胎児に悪影響なので、そんな時は、家でも安心のトリートメントタイプの毛染めを使用することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:毛染め

このページの先頭へ